水道引き込み工事に関する情報

自宅の敷地に面している道路が、公道であるか私道であるかによっても水道引き込み工事の条件が異なります。住宅建設用の土地を探している場合は、接面道路のことも視野に入れておく必要があります。

■距離が遠いと高額になりやすい

住人が少ない生活拠点であれば、水道本管までの距離が100m以上の場合もあります。あまりに離れすぎていると、引き込みをするだけで高額になりかねません。土地を購入する際の確認項目として、欠かせないポイントです。
県道や幹線道路に埋設された水道本管から引き込み工事を行うと、溝を掘るのに時間と労力を要します。交通量が多い道路に面している場合などは、交通誘導や道路の封鎖をしなければならないケースもあるでしょう。その期間、仕事をしてもらうスタッフへの手当ても掛かります。見積もりを立てる際に、様々な観点からの掛かる費用について確認をする必要があります。

■トラブル対策も欠かせません

私道に設置された水道管からの引き込み工事となれば、私道や水道管は近隣住民の資産となります。その場合、私設水道管の設置にかかった工事費用の一部を支払うことを条件に、私設水道管からの水道引き込みを許可してもらえる場合もあります。公道の水道本管から自分で新たに引き込みをすることも可能ですが、その分費用が掛かります。
相応に実績のある水道 評判の良い業者の場合は、トラブル対応も柔軟に行ってくれます。ケースによっては、近隣住民への挨拶や説明もしてもらえるでしょう。工事費用とは別に、私設管を使わせてもらったりなど対策を立てるでしょう。

■まとめ
公道の水道本管を使う場合は行政への手続きと相応の費用が掛かりますが、その範囲で概ね留まります。私道を使う場合は、近隣住民への配慮は欠かせません。水道 評判の良い業者に協力をしてもらうなど、可能な範囲トラブルを防ぐための対策をとることも必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ