指定給水装置工事事業者と水道法

業者選びをする際、指定給水装置工事事業者を探すことも一つのポイントです。厚生労働省がまとめている、水道法に定められた制度の中にあるものとなっています。

■指定給水装置工事事業者に依頼するメリット

指定給水装置工事事業者に依頼した場合、費用が明確であったり、水道法に沿って工事の方法が明確であるなど、大きなトラブルに巻き込まれることがないといったメリットがあります。給水装置工事主任技術者は国家資格であり、相応な知識と技術があることの現れでもあります。
また、水道法の一部改正に伴い、指定給水装置工事事業者の資格制度が、令和元年10月に定められました。これまでは有効期限がなかったものの、新たに5年ごとの更新制度ができ、期限がくると更新手続きを行わなければ資格が失効するようになりました。そのため更新の有無も今後業者を決める際に一つの基準となるでしょう。

■水道工事を快適にしてもらうには

指定給水装置工事事業者など専門資格を保持していても、それだけで安心できると判断するには時期尚早です。指定給水装置工事事業者であることは欠かせない条件の一つですが、行政の指定する条件を満たしていれば合格するものですので、更に安心感を得るには接客をしてくれるスタッフの対応も確認すると良いでしょう。
水道工事は大小問わず、わからないことも出てくるでしょう。仕上がりまでの過程や、生活に与える影響など明確に説明を受けられる所は安心して任せられます。
トラブル時も時間を掛けずに駆けつけてくれるような、信頼できる業者を選ぶと良いでしょう。

■まとめ
水道トラブルなどが起きた場合、どのような業者に依頼するか決めるときには指定給水装置工事事業者であれば間違いがありません。指定給水装置工事事業者であることはもちろん必須条件となりますが、スタッフの対応の良い業者であれば末永く付き合いやすくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ