屋外給排水の水道工事費用を抑えるポイント

給排水設備の設置は住宅に欠かせません。設置するためには専門業者に依頼をすることになります。戸建て住宅を建てる場合には、住宅の建設とほぼ並行して水道 工事をする必要があります。

■屋外給排水工事の内容と費用

土地探しをしたうえで新たに建物の建築を行う場合、古家を解体した土地であればメーターが残っている場合もありますが、農地転用の土地であったり建物の解体の際にすべて撤去していたりして、新しく給水管を引き込まなければならないこともあります。道路の堀削から復旧作業を行いますから、相応に時間と費用が掛かります。行政にも調査や許可申請、場合によっては測量もしなくてはなりません。
また、地域によっては上水道しかなく、下水道が整備されていないところもあります。この場合は敷地内に浄化槽を設置し、家庭で出た排水を処理をすることとなります。浄化槽本体と水道 工事の手数料も別途かかりますから、見積もりなどをしてもらうと良いでしょう。長期保証などアフターフォローが充実をしている所なら心強いです。

■屋外給排水工事を安くしてもらうには

相応に費用と時間を要する屋外給排水工事ですが、費用は可能な範囲抑えたいところです。
水道 工事の建築設計をしてもらう際、この点を意識することも工事費用を抑える一つの方法です。特に注文住宅では、水回りの機器における設計で、公共の水道管や下水管との距離を意識して、土地に対する建物の配置を考えたり、間取りを作成してもらうなど、柔軟に対応してもらいやすいです。
建物の建築と、屋外給排水管工事を別々にしてくれる場合は、上手に活用すると費用を抑えられるでしょう。ただし、安いだけで依頼することはやめてください。複数社業者選びをして、ライフスタイルに合った業者を選びましょう。

■まとめ
戸建て住宅の建設を行う際、水道の使用するための屋外給排水工事は必ず行う作業です。水道工事費用をなるべく抑えたいのであれば、土地選びの時点から水道引き込みの必要があるのか確認をしたり、なるべく給水管や排水管の距離を短くできるよう建物の設計をしてもらうことが求められます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ